TimingExplorer

トップ HES TimingExplorer

Key Benefits

  • ・多くの違反 (>50k) を高速に修正
  • ・タイミングクローズ・プロセスの高速化
  • ・ECO反復を2-4まで減少
  • ・16nmまでの高度なプロセス・ノードでの実績
  • ・1セッション、100以上のMMMCシナリオの取り扱い

Key Features

  • ・現実的な物理考慮 (配置配線) をしたタイミングECO
  • ・信号とクロック経路を同時に、高速なMMMCタイミング収束
  • ・セットアップ、ホールド、最大遷移/容量とSI違反に対応
  • ・独自のタイミング・グラフベース/パス・ベースの最適化
  • ・タイミング・デバッグ/マニュアルECO機能
  • ・フィジカル階層とマルチパワー/電圧領域をサポート
  • ・マルチスレッド機能
  • ・業界標準インターフェースを使用して、既存のフローにプラグ&プレイが可能

はじめに

タイミングクローズは、今日のSOC設計において、設計の開発時間、収益と設計コストに影響を与えている大きな問題です。 これは、新プロセス・ノード毎に悪化します。

TimingExplorerはより速いタイミング/ECOクローズを行い、更にユーザのフローの中で、 既存の配置配線および、サインオフ・スタティック・タイミング解析 (STA) ツールを補完します。

フィジカル・アウェア

配置認識だけの他のタイミングクローザー/ECOツールとは異なり、 TimingExplorerは組み込みのSTAと配置、配線、および抽出のインクリメンタルなエンジンによって、配置配線を認識します。

TimingExplorerは、マルチコーナー、マルチモード(MCMM)タイミング・シナリオで違反を取り扱うように設計されています。 それはセットアップ、ホールド、最大遷移、最大容量、およびSI違反を素早く修正するのに効果的です。

TimingExplorerは、効率的にフィジカル階層とマルチ電圧領域を取り扱い、信号とクロック経路でECO活動を実行します。

MCMM タイミング最適化

TimingExplorerは、すべてのMCMMシナリオを同時に取り扱うことができます。 それは、効果的にサインオフSTAツールからタイミング・データを使うことができ、電力と面積に最小の影響でより速いタイミング収束を成し遂げることができます。

マニュアル ECO 機能

TimingExplorerは、マニュアルECO機能 (自動ツールで処理し、解決することが容易ではない、コーナー・ケースの違反をカバー) を提供します。

これは柔軟性を提供するので、収束スピードを向上します。

マルチ・スレッディング能力

TimingExplorerのマルチ・スレッディング機能は、タイミング/ECO収束パフォーマンスとスループットを最大にします。

既存フローにプラグ & プレイ

TimingExplorerは現在の設計フローに接続します。 そして、サインオフ・スタティック・タイミングとP&Rツールを補います。

柔軟なフィジカル階層サポート

TimingExplorerは、フルデザインと同様にブロック・レベルで、タイミング違反を修正することができます。

それは同時にすべてのレベルで違反を修正し、適切なブロックまたは階層に修正を施します。

ルーティング認識を持つタイミング最適化

複雑なSoC設計では、必ずしも全ての配線混雑箇所が配置混雑箇所と同一であるわけではなく、またその逆も同じです。
つまり、配置だけに基づいたECO最適化は、レイアウトでの高い相関を保証するものではありません。

ルーティング認識能力は、マルチ電圧ドメインのような配置をブロックされたエリア上で遷移時間の修正を行う上で重要です。

TimingExplorerは、スプリットネット技術 (ルート上のバッファを挿入することによってDRC違反 (最大遷移/最大容量) を修正することができます) を駆使します。 そして、論理的変化のためにECOスクリプトを自動生成します。

プラットフォーム