Skipper

トップ HES Skipper

Key Benefits

  • ・大規模レイアウトの高速処理が可能

Key Features

  • ・高速レイアウトビューワ
  • ・大容量処理能力—100GB超のGDSに対応
  • ・統合化チップフィニッシング・プラットホーム
  •  - レイアウト編集、ネット追跡、P2P抵抗分析とブール演算
  •  - 包括的な検索メカニズム
  •  - 最速レイアウト比較―デザインとマスクデータ
  •  - DRC/LVSデバッキング
  •  - セル入れ替え、IPマージ
  • ・FIB (Focused Ion Beam) データ処理
  • ・レイアウト検査のための3Dビュー
  • ・電子透かしとログ情報
  • ・Tclスクリプトサポート

はじめに

Skipper (スキッパー) は、 最適化されたデータベース・効率的なメモリ管理システム・統一されたGUIで構成された、 使いやすいチップフィニッシング・プラットホームです。

大規模レイアウト (100GB超のGDS) を取り扱うことができます。

Skipperは設計者の作業効率を高め、テープアウト作業を加速します。

高速レイアウト表示

Skipperのビルトイン・アウト・エンジンは、高速にGDSデータを読み込んで処理するように設計されています。 レイアウト・サーバモードはデータの読み込み時間を短縮します。 Skipperのパフォーマンスを図2に示します。

大容量処理能力

Skipperは100GB超GDSIIレイアウトを処理できます。

そのマルチスレッディング技術と共に、Skipperはユーザが必要とする最高の能力とスケーラビリティを提供します。

統合化チップフィニッシング・プラットフォーム

レイアウト編集、ネット追跡、検索、プール演算、シールリング・サイジング等の組み込み機能によって、 早く、高品質にチップを完成できます。 「instance」、「label」、「shape」の階層的な検索結果は、ハイライトやズーム表示されます。 「layer」または「shape」に対してAND/OR/NOT/XOR処理を行うことができます。

「trace net」機能は、数千の多角形を含むVDD/VSSのような大きなネットも取り扱えます。 結果は数分でハイライト表示されます。 名前による追跡も可能です。

「trace short」機能は、二つの「shape」が短絡する経路を発見するのに役立ちます。 追跡した結果は、GDSIIファイルに保存できます。

P2P抵抗分析

Skipperはポイント・ツー・ポイント抵抗抽出と、電流密度計算をサポートします。 特定ネットのどんな2ポイント間でもitfファイルを基に抵抗値を計算します。 ネット各部の電流密度は、レイアウト上でハイライト表示されます。

DRC/LVSデバッグ

Skipperは「waiver」設定、重複エラー除去、DRCレポート生成等のフルチップレベルDRC/LVSデバッギングをサポートします。 Argus、及びサードパーティ製DRC/LVSツールに対応しています。

レイアウト比較 (LVL)

Skipperは同一、または異なるフォーマット二つの大規模レイアウト (フラット/階層) を高速に比較できます。 JDV、MEBES等のフォーマットもサポートされます。 これにより、テープアウト前とマスクデータ準備段階でのLVLを可能にします。

FIBデータ処理

FIBは、チップをガリウムイオンビームで加工します。 SkipperはFIB装置を正確かつ少ないターンアラウンド回数で使用できるように、領域指定、ネット追跡、切断、接続、プローブなどのレイアウト編集指示を生成します。

3Dビューイング

アプリケーション (例えばFIBとマスクデータ準備) でレイアウト構造を調べるために、3Dビューワが使用可能です。

電子透かし

IPマージ実行中や専用コマンドによって、レイアウトにバージョン等のテキスト情報を追加することができます。 知的財産保護のために電子透かしを生成できます。