PowerExplorer

トップ HES PowerExplorer

Key Benefits

  • ・新しいタイミング違反を起こさず最大 40% のリーク電力を削減
  • ・リーク電力最適化時間を日単位から時間単位に削減
  • ・すべての MMMC シナリオに線型的なパフォーマンスで対応

Key Features

  • ・MMMC (マルチモード・マルチコーナー) サインオフのタイミングと物理対応のアーキテクチャ
  • ・フリップフロップと組み合わせセルを交換
  • ・セルダウンサイジング、VTH やゲート長バイアスされたセルの交換
  • ・VT 16nm 以下の VT 配置ルールのサポート

はじめに

リーク電力最適化と解決は、今日のSOC設計における大きな問題です。 リークの減少はスマートフォン、タブレット端末、他の携帯デバイスは、より長いバッテリー寿命の延長につながる、フローの重要な構成要素です。

PowerExplorerはタイミングを認識し、新たなタイミング違反を引き起こすことなく、電力を最適化します。

タイミングと物理アウェアー

サインオフTimeingExplorerと同様、PowerExplorerは物理アウェアであり、MMMCサインオフ・タイミングデータで働くように設計されています。 それゆえ、新しいタイミング違反なしでより低いリーク最適化を行います。

サインオフSTAエンジンや性格な遅延計算からのタイミングデータを、精度の高い遅延計算として使うことは、サインSTAとの相関関係を確実なものにします。 これによりさらなるタイミング解決の繰り返しをなくし、リーク電力解決の時間を短くします。

お客様は、新規設計で最高40%のリーク電力縮小を、以前に最適化された設計では10%の削減を成し遂げました。 PowerExplorerは多数のシナリオを取り扱う際に、メモリ及び実行時間が線型的であるため、予測可能な性能特性を提供します。

総合的なセル交換のフロー

サインオフのタイミングの後リークを低減するためにセル交換が行われます。

セル交換がPowerExplorerのMMMCサインオフのタイミングベースの最適化機能によって行われるため、新しいタイミング違反なしに、リークを減少させます。 (セットアップ、ホールド、最大遷移) それに加え、PowerExplorerはサインオフ・ツールを補完し、ユーザのフローに簡単に適合することができます。

セルダウンサイジング・フロー

物理アウェアなセルダウンサイジング機能は、リークパワーの更なる削減を提供します。 これは、ホールド違反を修正する前に、タイミング・サインオフループの中で、適用されなければなりません。

更なる利点は、リーク電力を減らすことに加えて、セルダウンサイジングが新しいセットアップ、 または最大遷移違反を作ることなく、ホールド違反を減らすことができるということです。 ホールド違反の数が少ないため、バッファも少なくてすみ、省電力となります。

MMMC タイミングアウェアを行うメリット

チップレベルに於いてPowerExplorerは、既に他のツールで最適化されたデザインで10%、 以前に最適化されたことのないデザインで最大40%のリーク電力の低減を実証しています。

新しいプロセスへ対応

Vtセルスワッピングにおいても、最新のプロセスノード (16nm以下) の特別なVtセル配置ルールに従うことが要求されます。
PowerExplorerは採用され、製品として証明してきました。

更に、Vtセルスワッピングは、ゲート・バイアスされたセルもサポートしています。

プラットフォーム