SOS

SOS は IC 設計データの管理を目的に開発された、データ管理システムです。

各社のEDAツールからシームレスに設計データの管理を行う事が可能なため、簡単な操作で設計データのリビジョン管理が行えます。

設計データの作成、更新についての日時や作成者が自動で保存・管理されるため、正確かつ容易に履歴をトレースすることが可能になります。また、古いデータを復元したり、派生したバージョンを作成する事も容易に行えるようになります。

EDAツールとのIF

Cadence、Synopsys、Mentor、 Keysight、Silvaco 各社 EDAツールに統合されたインターフェースを提供し、 ストレスフリーで ライブラリ・セル・ビュー (OA) データのリビジョン管理を導入することが可能です。 

拠点間での情報共有

データの正確な履歴や使用状況が共有できるため、複数の設計者での作業を円滑にします。

拠点間のリポジトリは相互に参照する事ができ、分散型データベースを結びつける事が可能です。 

これらの機能により、複数の遠距離サイトを接続した協調作業を実現します。

リンク・ツー・キャッシュ機能

大規模なチームで起こるユーザ作業領域 (ワークエリア) のリソースを消費を、キャッシュサーバーからのリンクとして参照する方法で抑える事に成功しました。

また、リポジトリから離れた場所でも、キャッシュ機能によりストレスフリーな運用が可能です。

VDD (Visual Design Diff)

Virtuoso 用に用意された VDD は、デザイン管理ツール SOS で管理されているセルビューの異なるバージョン同士を比較し、 リストとビジュアルの両方で結果を表示することができます。 

比較可能なセルビューは、schematic と library ビューです。 

VDD を用いることで、リビジョン間の変更点を素早く、正確に確認・把握することが可能になります。

もう少しSOSについて詳しく説明します。